家づくりの想い

HOME > 家づくりの想い

家づくりの想い

お客様のご要望に向き合った家づくり

家づくりを始めるにあたって、施主様にいろいろとヒアリングをさせてもらうのですが、皆様が思う理想の家というのは本当に千差万別で、こだわりポイントもさまざまです。私達は、住む人にとって本当に快適だと思う家づくりを目指しています。
家づくりにおいての一般論でお話をするのではなく、施主様のこだわりポイントを深く理解し、その上で快適な住まいづくりに対してプロの建築屋としてのご提案ができるように徹底しております。皆様の理想のイメージをカタチにしていくのが私達の使命であり役割だと考えております。ぜひ理想の家が実現するためにいろいろな意見やご要望を私たちにぶつけてください。


顔を合わせた家づくりにこだわってます

家づくりのご相談をいただいてから、土地探し、見積り、打ち合わせ、施工、引き渡し、アフターフォローまで全て当社の代表が担当いたします。
お客様とのやりとりは一貫して代表の藤井が行いますので、家づくりのトラブルでよく耳にする「営業に言ったことが伝わってない」「営業時と話が違う」ということがございません。また顔を合わせてお話をする機会が増えるにつれて、自然とお客様との距離も縮まり、いろんなご意見や隠れたご要望などが見えたりします。私たちは建てる人間が住む人と直接顔を合わせ、しっかりと向き合った家づくりにこだわってます!


100年以上受け継いでいける家づくり

建物が100年、200年も持つように作るために、宮大工は木材を選び、木組みにこだわり、木を腐らせない建て方を受け継いできました。住宅についてもそのこだわりは変わりません。宮大工が考える、100年住宅を当社は実現します。価格は安いけれども30年で取り壊すことになる住まいをつくるよりも、適正な価格で孫・ひ孫の世代にまで住み継げる住まい、100年にわたって住み継げる住まいをつくるほうがいい。当社は、こういった考えを大切にしております。


地震に強い家づくり

粘り強い日本の木材、揺れに強い構造、見えないところや隠れたところに施された手仕事。それらの積み重ねが確かな安心を築き上げます。当社が建てる家は、強度のある4〜6寸角柱が標準仕様。そこにしっかりした梁・桁を組み合わせて、日本の伝統工法による「柔構造」の骨組みを作り上げます。その結果高い耐震性を実現しました。
大切なのは構造です。
千年もつ木造建築がある一方で、簡単に崩壊してしまうコンクリート建築があるのは、地震への強度が材質よりむしろその構造で決まるからです。強い構造に設計されていればコンクリートや鉄骨、木造であろうと倒壊の心配はほとんどありません。基礎、柱、壁、梁の構造、バランスをしっかりと計算し適切な配置にすることで、強度もグンとあがります。強い基礎と構造を持つ家は、長く安心して住み続けられる長寿命な家となります。手を入れながら大切に住み続けれる家。それが当社の考える家づくりです。


前のページに戻る
SEO対策 大阪 住宅リフォーム
© 宮大工の藤井さんが建てる家ってどうなん?いいかも…ね!?